この子にはこの子なりの

- Category - 怒りん坊日記



それでいいのかもしれない

自分なりに
納得できたような瞬間でした



********************


はじめてのおつかいとは少し違いますが
それっぽいことがありました


学校の視力検査により
次女の視力が落ちているとのことで

先日眼科とメガネ屋さんへ行ったのですが
レンズが取り寄せになりました


交換と受け渡しが同日にできるのだけど
最短で平日の夕方とのことで

私の都合がつかず
次女がひとりでそこへ訪ねる


前置きが長くなりましたが
これが「はじめてのおつかい」っぽい内容です



********************


引換カードを持ってメガネ屋さんへ行き
メガネとカードをお店の方に渡して
1時間ほどどこかで時間をつぶして
再びメガネ屋さんへ行き
メガネの調整をしてもらってから家に帰る



それだけ?と言われそうな気もしますが
「それだけ」です

だけど
次女にとってはものすごく高いハードルです


自分の頃を振り返ってみると
中学生の頃には
割と一人でどこへでも行っていたし

買い物だって病院だって
普通に行っていたと思うのだけど

次女にとってはものすごく高いハードルです



********************


数日前から

「何時に行けばいいんだっけ…」
「カードを渡すとき何て言えばよかったっけ…」
「全部終わったら帰ってくればいいんだよね…」


何度も何度も何度も
ひとり言のように繰り返し言っていました


そして当日

付き添ってやれないながらも
どうだったかなという心配と

もし上手くいかなかったとしても
なるべく平気な顔でやりとりしようという決心と

できるところまでガンバレという応援とを
胸に抱えつつ家路に着きました


玄関に入ると
部屋からひょっこりと顔を出した
嬉しそうな表情の次女がそこに居ました



********************


「ひとりで行って来たよ」

「おっ!すごいね!おつかれさん」



たったこれだけで
その場での会話は終わりましたが

私はひとり玄関でジーンとしていました


それくらい普通でしょ?
ちょっと過保護なんじゃないの?


そんな声も聞こえてきそうですが
(これは昔の私の声に違いない)


それらを全部取っ払って

この子にはこの子なりの速度があって
私は私なりの寄り添い方をする
それでいいのかもしれない



娘にとっては精一杯の頑張りを
称えたい気持ちでいっぱいでした






怒りの感情と上手に付き合うアンガーマネジメントコンサルタント
山本ちかこ


最新のアンガーマネジメント講座日程はこちら


■一般社団法人日本アンガーマネジメント協会HPはコチラ
■子育てママのアンガーマネジメントHPはコチラ


最後までお付き合いいただきありがとうございました

よろしければクリックをお願いいたします


人気ブログランキング