普通は

- Category - 怒りん坊日記



「普通は…」
と言ってみたところで 

結局は
「自分は…」ということなのだなと思いました



********************


スマホ片手に
何に心奪われているのか

こちらの話を全く聞いていない
夫を目の当たりにしたとき
(いわゆるガン無視)

「いくらスマホを見ているからって、普通は返事くらいするでしょ…」


そう言いたくなってしまいました


やんわりそのことを伝えると

「いやいや、普通は耳に入らんやろ」

夫は真顔で返してきました


(いやいや、私は違いますけども!)

反論しようと思っていたら


だから自分は私に対して○○している」

自信満々に主張してきました



********************


夫が言うには

私もスマホやPCに夢中になっていることがある
そういうときに声を掛けても
気づかないことが「普通」だと思っているから

ひと段落着いたな、とか
キリの良いところまで終わったっぽいな
というタイミングで
私に声を掛けている

のだそうです


(はい?知らんかった)

自分では
全然気づかなかったのですが

私とは違った「普通」によって
そんな風に立ち振る舞ってくれていたようでした


「普通」は
「私にとって」はそうだけれど 

相手にとっては違うのかもしれないなと 
あらためて感じたのでした



********************


「普通」というのは 

自分にとっては当たり前の感覚だったり 
特に意識しなくてもそう考えられる
というようなものかもしれませんが 

相手にとっては 
決してそうとは限りません 


もし逆の立場で
相手にそう詰め寄られたとしたら 

「あなたにとってはそうかもしれないけれど、私は違うのだから」

声高にそう言いたくなってしまうかもしれません
(もちろん内容によるとは思うのですが)


それぞれの価値観は
それぞれのものであってよいけれど 

それを押し付けたり 
否定してしまうと
お互いに苦しくなってしまうことがあるのかもしれません


「普通は」と言いたくなったときは
「少なくとも今の私にとっては」

「普通は」と言われたときには
「少なくとも今の相手にとっては」
という解釈にしておきたいと思います 






怒りの感情と上手に付き合うアンガーマネジメントコンサルタント
山本ちかこ


最新のアンガーマネジメント講座日程はこちら


■一般社団法人日本アンガーマネジメント協会HPはコチラ
■子育てママのアンガーマネジメントHPはコチラ


最後までお付き合いいただきありがとうございました

よろしければクリックをお願いいたします


人気ブログランキング