子どもの領域

- Category - 怒りん坊日記



ホント?わーい!


今日イチの
喜びようでした



********************


子どもは大好きだけど
大人はそうでもないもの

大人は大好きだけど
子どもはそうでもないもの


家の中には
そういうものが沢山あります


たとえば
ゲーム
トミカ
甘くないおつまみ
ドキュメンタリー番組

我が家では
大人と子どもで
興味がハッキリ別れているものたちです


それは
私が子どもの頃でも
同じようなところがあって

これは私たちは好きだけれど
お母さんたちは興味がないもの

これはお父さんは好きそうだけれど
私たちは全然関わらないもの

子どもながらに
そんな感じでした



********************


だけどある日
全然興味を示さなかった母が

私たちがかじりついていた
スーパーマリオブラザーズを
やってみたいと言い出し


「むずかし!やり方わからんからやめとくわ」


結局
ABボタンにまごつき
ものの数分でフェイドアウトしていったのですが
そんなことはどうでもよくて


私たちの領域に興味を示してくれた
私たちの領域に歩み寄って来てくれた



そのことが
ものすごく嬉しかったのを覚えています



********************


そんな私も
すっかりおばちゃんになり

歳を重ねるにつれて
趣味嗜好もそれなりに変わってきました


テレビゲームは
ABボタンがLRボタンが追加されたころから
ついていけなくなり

かつて両親がよく観ていたような
テレビ番組や雑誌を身近に置くようになりました


そんな中
ふと子どもたちが夢中になっているものに
急に興味がわいて
(正確に言うと、そのもの自体にではなく
 子どもたちを夢中にさせている要素は何か
 知りたくなった)


「私も一緒にやってみていい?」


スマホゲームに夢中の子どもたちに
ふいに歩み寄ってみたくなりました



********************



「え?ホント?やったー!」


今日イチの喜びようで
大歓迎してくれたのですが


難しい!
だけど面白い!



あのときの母とは
少し違うかもしれませんが

指先の機敏な動きについていけず
あっという間に脱落してしまいました


だけど
子どもたちと楽しみを共有することが
思いのほか楽しくて

私の幸福度は
確実に上がっていました


私は
同じ空間で
それぞれが好きなことに夢中になっている状態を眺めているのが
たまらなく好きなのですが

一緒に何かをするのも
たまには良いものだなと思いました






怒りの感情と上手に付き合うアンガーマネジメントコンサルタント
山本ちかこ


最新のアンガーマネジメント講座日程はこちら


■一般社団法人日本アンガーマネジメント協会HPはコチラ
■子育てママのアンガーマネジメントHPはコチラ


最後までお付き合いいただきありがとうございました

よろしければクリックをお願いいたします


人気ブログランキング