せめぎ合い

- Category - 怒りん坊日記



引き受けたんだったらやるべきでしょうがー!
頼んどいてタラタラ文句いってんじゃねぇー!



頼まれた(としたらの)自分と
頼んだ(としたらの)自分がいたら

そんなせめぎ合いが勃発しそうです



********************


「○○をやっておいてくれる?」

家族に頼みごとをすることがあります

それは例えば
家族自身ことではなくて
私がやることなのだけど
時間的に難しかったりする場合


お願いしたことを
やってくれている形跡はあるけれど

それが自分の思った通りに運んでいないときに
イラッとしてしまうことがありました


強烈に覚えているのは
長女がうんと小さい頃

着替えと送迎を夫に頼み
私はひと足先に家を出て
仕事場から待ち合わせの場所に行くと

夫と
何とも奇抜な格好の娘がそこに居ました

当時の私にとっては
ありえない洋服の組み合わせだったことに愕然として

「どうしてこの服?」

怒りがフツフツと湧いてきてしまいました



********************


今振り返ると

こうするべき
こうやっているに違いない


そんな期待が見事に裏切られたため
「ありがとう」をそっちのけにして
タラタラ文句を言ってしまっていたのです


冷静になってみると

慣れない娘の着替えを
一生懸命やってくれている
新米パパの夫の様子が目に浮かんで

(どうしてあんな風に言っちゃったかなぁ)

申し訳なさと後悔が押し寄せてきました


※怒りで後悔してしまったので
 この場合はアンガーマネジメント失敗です


そのときの夫は
何も言いませんでしたが

もし逆の立場であったなら

「頼んでおいてその態度はないんじゃない?」
「じゃあ自分でやれば?」

逆ギレしてしまいそうです(汗)



********************


自分でできないことを頼むこともあるし
自分でできることを頼むこともあります

もし「こうして欲しい」を
具体的に頼むことができていたら
お互いにイヤな思いをせずに済んだのかもしれないと思います

当時の私は
リクエストが本当に下手だったのだなぁと振り返っています


さらに

身近な対象
特に家族に対しては
期待や甘えがあるので

言葉足らずだったり
高望みしてしまうことが
ありがちかもしれません


それからもうひとつ

何かをお願いして引き受けてもらえたのなら
一旦任せたのなら

最後まで口出しをしないことも
私には必要なことだなぁと感じています
(感謝の言葉も忘れずに)






怒りの感情と上手に付き合うアンガーマネジメントコンサルタント
山本ちかこ


最新のアンガーマネジメント講座日程はこちら


■一般社団法人日本アンガーマネジメント協会HPはコチラ
■子育てママのアンガーマネジメントHPはコチラ


最後までお付き合いいただきありがとうございました

よろしければクリックをお願いいたします


人気ブログランキング