かつてを知っていると

- Category - 怒りん坊日記



えっ?
あーっ!
もうっ!



見えないのはもちろんですが
見えすぎるのも困りもののようです



********************


少しずつ視力の落ちてきていた次女
本人はメガネをかけるのがイヤだったらしく
見えるから大丈夫と誤魔化していましたが

ついに学校の視力検査で引っかかり
この度めでたく(?)
メガネデビューしました


冒頭の悲鳴は
まさしく次女のもの


周りの景色が
鮮明に見え始めたことによって
もちろん便利なことも沢山あるようですが

これまでになかったクリアすぎる見え方に
ブツブツ文句を言っています
(壁の汚れとか)



********************


こちらとしては

(そんなにも見えてなかったんかい!)

と言いたくなってしまうところもあるのですが


生まれてからというもの
今の見えていなさが当たり前の見え方だった
次女にしてみれば
それ自体が何の問題もなかったようです


もちろん
見えないよりは見えた方が便利だし

一旦クリアな見え方を手に入れてしまうと
そこに達していない見え方を不満に感じてしまうけれど

その「かつて」の感覚を知らないでいたら
きっとそんなものなんだろうなと思います



これって
私の中の「ちゃんと」と口にしたくなる感覚に
とてもよく似ていて

私自身は「ちゃんと」と思っていたり
実際に子どもに要求したとしても

その「ちゃんと」が子どもたちにとっては
よくわからないものなのかもしれません


相手にリクエストするときこそ
お互いにわかりやすい基準を伝えることが
とても大切なのだろうなと思いました



********************


私は
娘たちよりは随分視力が弱いのですが

そして
ほとんどの場面で
とても不便だなぁと感じるのですが

もし
有効利用するとしたら

時間がないときのお掃除のシーンです


私の場合は

埃ひとつないクオリティを求めるよりも
お掃除をするというルーティーンをこなすことで
自分自身が満足できるので

マッハでお掃除をネジ込みたいときには
あえてメガネを外してお掃除をします

とりあえずの達成感を味わって家を出られれば
1日のスタートを気持ちよく切れるので

今はそんな方法を採用しています


この場合では

①せっかく掃除するのならキレイにするべき
よりも
②ルーティーンをこなすべき
が重要度が高いので

アンガーマネジメント的に考えると

時間に追われている状況下では
②を優先させることが
自分がムダにイライラしない方法です



ちなみに明日は
午前中時間が取れそうなので

メガネを掛けて
キレイにお掃除したいと思います
(②よりも①が重要度高し)






怒りの感情と上手に付き合うアンガーマネジメントコンサルタント
山本ちかこ


最新のアンガーマネジメント講座日程はこちら


■一般社団法人日本アンガーマネジメント協会HPはコチラ
■子育てママのアンガーマネジメントHPはコチラ


最後までお付き合いいただきありがとうございました