あのとき欲しかったもの

- Category - 怒りん坊日記



これだったなぁ

あのとき
欲しかったものを思い出しました



********************


病院のロビーでのこと

託児コーナーが設けられているのですが
小さなお子さんがギャン泣きしていました

ママさんが受診中は
スタッフの方が託児してくれる
システムのようなのですが

ママさんと入れ替わりに
スタッフの方が来られた瞬間に
ギャン泣きしはじめたのでした


(あ、この感覚覚えてる)


それは
ロビーに響き渡る泣き声に

迷惑そうなそぶりをしている人
眉間にシワを寄せて凝視している人


かつて子どもが小さかった頃
公共の場で泣き出したときに
周囲からの視線と
冷ややかな雰囲気に
こちらが泣きたくなってしまったのを思い出しました



********************


慌ててカバンを漁ると
小さなぬいぐるみのキーホルダーと
目が合いました

(これでも役に立ちそうかな……)

持って行こうかどうしようか
モタモタしていると(←人見知り)


「頑張ってるんだよね~」
「頑張ってママを待ってるんだもんね~」


オバちゃまが
ガハハー!と笑いながら
通り過ぎていきました


…その瞬間
ホッとした空気が流れた気がしました


私がしようとしていたことは
たとえその子が泣き止んだとしても
きっとつかの間の
気休めでしかなかったなぁ

それに気づいたと同時に

かつての私がそこに居たとしたら
あのとき欲しかったものは

子どもを泣き止ませるアイテムではなく

「みんな頑張ってるんだよね」

そんなひと言だったなぁ

通りがかりのオバちゃまのひと言に
とても救われた気がしました



********************


病院という場所だけあって
色んな状態の方がいらっしゃるだろうとは思います

そこに居た全員に
子どもの泣き声や大きな音に
寛容になって欲しいというわけではありません


でも

(もしかしたら今〇〇な状況なのかもしれないな)

少しだけ
そんな風に感じられる
余裕を持っておきたいなと
私自身は感じています






怒りの感情と上手に付き合うアンガーマネジメントコンサルタント
山本ちかこ


最新のアンガーマネジメント講座日程はこちら

よろしければクリックをお願いいたします


人気ブログランキング


■一般社団法人日本アンガーマネジメント協会HPはコチラ
■子育てママのアンガーマネジメントHPはコチラ


最後までお付き合いいただきありがとうございました