どう思われようとも

- Category - 怒りん坊日記



ふわーっ!危なかった!


思わず
胸を撫で下ろしたことがありました



********************


子どもたちと出掛けた帰り道


公園横の通りは
坂道と階段の両方があって

その境目にフェンスがあるのですが

小さい子どもが2人よじ登っていて
その子たちより少し大きい子が
さらに小さい子を
フェンスに登らせようとしていました



「あぶないよーっ!」



思わず大きな声が出ました

少し大きい子が気づいて
登らせようとしていた子を抱き下ろしたのですが


あとの2人は
フェンスの真ん中くらいまで歩いて来ていました



********************


坂道側からは
高さが3m近くあり
到底届きそうにありませんでした


我が子たちを階段の入り口で待たせて


「絶対手を離しちゃだめだよ~」


登っている子を驚かさないように
静かに声を掛けながら階段を上り
ゆっくり近づきました


階段側からでも高さ1.5mくらいのフェンス
1人ずつゆっくり跨がせて
抱きかかえて下ろしました


私「ここの柵は絶対に登らないで」
 「もう絶対にダメだよ」

子1「絶対落ちないもーん」
子2「にげろ~」


たまたま
そこを通りかかっていた大人が私だけだったのですが

すたこらさっさと逃げていく子どもたちの背中を見て
ようやく我に返り
足が震えました



********************


見ず知らずの子どもに

大きな声で呼びかけたり

「絶対」とか「ダメ」とか
頭ごなしに言ったり

よっぽどのことがない限り
したことありませんが

今日のそれは
「よっぽどのこと」でした



そして
そんな場面においては

「躊躇する」とか
「ウザがられたらどうしよう」とかは
どこかに吹き飛んでいて

「どう思われようとも」
「お構いなし」が
自分を牛耳っている

そんな自分もいたのだと
少しホッとしました



********************


「きっと夢中になっちゃったんだね~」


我が子たちも
わからなくはないなぁといった様子でしたが

どんな理由があろうとも
フェンスに登ってはいけません






怒りの感情と上手に付き合うアンガーマネジメントコンサルタント
山本ちかこ


最新のアンガーマネジメント講座日程はこちら


■一般社団法人日本アンガーマネジメント協会HPはコチラ
■子育てママのアンガーマネジメントHPはコチラ


最後までお付き合いいただきありがとうございました

よろしければクリックをお願いいたします


人気ブログランキング