肩入れ

- Category - 怒りん坊日記



肩入れしているつもりはないけれど 

……いやいや 
ガッツリ肩入れしています 

それがファンというものです 



********************


「あの人って◯◯じゃない?」
「あれって△△だよね」


自分のお気に入りの人やモノに対して 
あまりいい風に言われないとき 

正直面白くないのはあるのですが 


加えて

「えぇっ!◇◇が好きなの?(信じられない!)」

なんて言われたりすると 
チクチクしたイラ立ちを感じてしまうことがあります



********************


不思議なもので 
自分が昔から好きだった人やモノが 

じわじわ周知されるようになったり 
評価されるようになったり 
流行り出したりすると 

(私はその素晴らしさに前々から気づていたのだよ…) 

ちょっと得意気になり 


自分が昔から好きだった人やモノが 

少し下火になったり 
評価されなくなったり 
廃れ始めたとしても 

(私だけはその素晴らしさを知っているのだよ…) 


コアなファンとして 
やはりこっそり胸を張っていたりします 


結局は

自分が「好きな人」や「好きなモノ」は
どこまでいっても好きだし 

そこは変わらないのだけど 

周りの風潮によって 
立ち位置の色合いが揺れ動くような感じが 
奇妙で面白いものだなと気づいたのでした 



********************


私自身が幼い頃に
何となく刷り込まれてきた価値観の中に 

平等であるべき

というのがあって 

これは場合によっては 
今も根強く発揮される場面があるのですが 


それとは別の意味合いで
「ご贔屓さま」という言い方もあるように 

自分のお気に入りは自分だけの
「ご贔屓さま」であって 

「他人の評価は置いといて」
で良いのだと思います 



********************


こんな自分と何十年も付き合っていると 
自身のマニアックな部分もわかってきているので 


「あなたってちょっと変わってるよね」
「◇◇が好きなんてやっぱり変だよね」


それさえも

(ですよね、ウッシッシ…) 



妙に嬉しくこそばゆくなってしまうのでした
(↑変とは多分こういうところ)






怒りの感情と上手に付き合うアンガーマネジメントコンサルタント
山本ちかこ


最新のアンガーマネジメント講座日程はこちら


■一般社団法人日本アンガーマネジメント協会HPはコチラ
■子育てママのアンガーマネジメントHPはコチラ


最後までお付き合いいただきありがとうございました

よろしければクリックをお願いいたします


人気ブログランキング