言い当てられたときの衝撃

- Category - 怒りん坊日記



そう!それっす!


そんなときは
心の中で「ピンポン」が鳴ります



********************


ここ数日
web動画でのセミナーを受ける機会が
立て続けにあったのですが

zoomとはまた少し違って
音声でのやり取りはなく

zoomでいうところの
チャットみたいなところにコメントしたりします
(こんな説明でわかるかな?)


「何か質問ありますか?」といった場面で
コメントを拾ってもらうこともあるし

内容の感想を各々好きなタイミングでつぶやいたりと
私の参加しているセミナーではそういう使い方です



********************


勘の良い方は
もうお分かりかもしれませんが

私は
こういうのは一番に書き込めないタイプです


対面ではもちろんそうですが
他の受講者の顔が見えなくても
「一番乗り」にたじろいでしまいます


ところがありがたいことに
このコメント欄システムは
コメントすることが必須ではないので

そのシステムの恩恵にしっかりとあやかって
よっぽど書き込みたいことがある以外は
他の方のコメントを読んでいくことにしています
(そういう参加の仕方もあると思います)



********************


※実はここからが本題(遅っ!)



色々な人が色々なコメントを残していく中
そしてそれがドンドコドンドコ流れていく中

自分が思っていることが
ドンピシャリ言い当てられているときがあります


(そう!それなんっすよ)



その瞬間に

そのときの嬉しい気持ちや
そのときのシチュエーションや体温が
一気によみがえってきて

もう一度その感情を味わい直したりします
(実際はどうかわかりませんがそれに近い感覚)


以前感じたプラスの気持ちを活字で再認識すると
知らぬ間にスイッチが押されて
体感としてよみがえる
そんな感じです



********************


怖いなと思いうのが

実はマイナスの言葉でも反応は同じで
(私の場合は)


(そう!それなんっすよ)



一旦そのスイッチが押されると
当時の不快な思いや情景が
一気に蘇ってきて
みるみる間にイライラが燃え上がります


例えば
愚痴や悪口を言って
そのときはスッキリしたような気がしても

なぜかモヤモヤが残ったり
輪をかけてイライラをよみがえらせてしまうのは

セルフ(そう!それなんっすよ)を
やってしまっているからなのかもなと感じました



********************


参加したセミナーのキーワードに
「多様性」とか「臨機応変」などが出てきて

それに関するコメントを見ているだけでも
言葉ひとつにしても
色々な捉え方があるのだなと

講義内容にプラスして
ためになった時間でした



ついつい長時間酷使してしまう
目と腰をいたわりながら
次回も参加したいと思っています






怒りの感情と上手に付き合うアンガーマネジメントコンサルタント
山本ちかこ


最新のアンガーマネジメント講座日程はこちら


■一般社団法人日本アンガーマネジメント協会HPはコチラ
■子育てママのアンガーマネジメントHPはコチラ


最後までお付き合いいただきありがとうございました

よろしければクリックをお願いいたします


人気ブログランキング