伝え方と伝わり方

- Category - 怒りん坊日記



伝わるまで伝えていくしかないな


何がどう転んだとしても

結局それが
根底にあるのだと思います



********************


大人の事情で

子どもに納得してもらう必要のあることが
出てきて


何度かその話を持ちかけたのですが
その度に(私が)撃沈していました



というのが

ただただ黙って
こちらの話に耳を傾けながらも

悲しい気持ちや
納得できない思いが溢れている様子を
見ているのが辛くて(私が)

ついついうやむやにしまうところがあったのでした




「そんなのイヤだよ」
「納得できない」



いっそのこと
そんな風にダダをこねてくれた方がマシだなぁ



そんなモヤモヤを抱えつつ
夫に相談してみました



********************


夫「自分も(私と)同じ風に伝えるかな」

私「ん?じゃあ、例えばどんな風に?」

夫「『〇〇は△△だから無理だよ』って」


私「……!」

(はい?全然違うやん)



そんな身も蓋もない
そんな言い方したら台無し



ちょっと愕然としてしまったのですが
これはあくまでも私の感じ方です



伝える内容は同じであっても
言い方ひとつで
捉え方が随分変わりそうだなと感じました



どういう風に伝えていったらいいかな



伝え方と伝わり方がイコールになるのは
かなり難しいことだなと感じているし

こちらの熱量が
100パーセント受け取ってもらえるとは限りませんが


子どもの気持ちに寄り添いつつ
心の揺らぎを受容しつつ
少しずつゆっくり伝えていきたいと思います






怒りの感情と上手に付き合うアンガーマネジメントコンサルタント
山本ちかこ


最新のアンガーマネジメント講座日程はこちら


■一般社団法人日本アンガーマネジメント協会HPはコチラ
■子育てママのアンガーマネジメントHPはコチラ


最後までお付き合いいただきありがとうございました

よろしければクリックをお願いいたします


人気ブログランキング