恨み節

- Category - 怒りん坊日記



私の時間を返して!


ドラマみたいなセリフを

何回も何回も
言いたくなっていた時期がありました



********************


子どもたちが小さかった頃
それぞれに手のかかる時期があって

今からは考えられないくらい
「手の離せない時間」というのが山盛りありました


お化粧する時間がないなんていうのは
日常茶飯事で

トイレにもおちおち行ってられない
気付いたら夕飯を準備する時間


そこから夜に突入し
今度は何時間も掛かる寝かしつけ


寝たんだか寝ていないんだか
わからないくらいの浅いところを彷徨い
気付いたらもう朝



特に上の子3人は2歳違いだったので
そんな生活が何年も続いていたような気がします
(記憶があまりないのはそのせいかも)



********************


そこに常にあったのは「怒り」で

どうして私ばっかりしんどいの!

高らかなイビキをかいて
気持ちよさそうに深い眠りにつく夫に
恨み節を言いたくなったことも数知れずでしたが


(私の時間を返して!)



ずっと
そこに執着してイライラしていました


なかなか寝ない子どもたちの寝かしつけは
永遠に終わらないのではないかと思うくらい
当時は深刻なものだったのですが

過ぎ去ってしまうと
あっという間でした



今考えると

私の時間って何?という感じなのですが



子どもたちと一心同体のように過ごしていた時間も
かけがえのない「私の時間」だったなぁと思います



********************


寝かしつけなんて
すっかり不要になってしまったここ数年


子「ちょっとまってね、このテレビが終わったら遊んであげるから」


実は構って欲しいのは私の方で
子どもたちの所へ寄って行っては

適当にあしらわれます



これも間違いなく
「私の時間」です






怒りの感情と上手に付き合うアンガーマネジメントコンサルタント
山本ちかこ


最新のアンガーマネジメント講座日程はこちら


■一般社団法人日本アンガーマネジメント協会HPはコチラ
■子育てママのアンガーマネジメントHPはコチラ


最後までお付き合いいただきありがとうございました

よろしければクリックをお願いいたします


人気ブログランキング