それぞれの場所で

- Category - 怒りん坊日記



大人はもちろん
子どもたちにも

それぞれの場所で

色んな顔があるんだなぁと
あらためて感じました



********************


子どもたちが
一日の多くの時間を過ごしている学校

訪れる機会は
そんなに多くありませんが


子どもたちの
家ではなかなか見られない「顔」を
見ることができます


お友だちや
そのママさんから

普段は知らない子どもたちの「姿」を
聞いて知ることができます



家では
スネたりゴネたり
時には大爆発するようなことでも

学校では
お友だちと協力して取り組んだり
しばらくジッと考えて
ノートに書き留めてみたり


学校という
子どもたちの
色んな役割や立ち回り方がある場所で

それぞれ頑張っているんだなぁと
感じました



********************


大爆発することで
周りの誰かや
あるいは自分や
モノを傷付けていたとしたら

それは上手な怒り方ができていない
ということですが


少なくとも「学校」という場所では
そうではない「怒りとの向き合い方」ができていたのだなぁと
少しホッとしました
(ただし、ただ我慢するだけであれば「自分を傷付ける」ことに
 つながってしまいます)


そしてそこには
気分を切り替えるきっかけをくれる
「時間の区切り」があったり
「お友だちの存在」が大きいのだろうなと思います
(我が子の場合は特に)



私自身も
不慣れな場所や
緊張感が高まるようなシチュエーションだと

自分の感情に対して
扱いにくさが出てきたり
凝り固まってしまいそうになります


いつものようにできない!
どうしてこんな風になっちゃうの!


そんな風に腹を立てるのは簡単ですが
建設的な行動を選ぶとしたら

その不安や不満を認めて
今ある現状を受け止め
その中でできることを探す


その積み重ねなのだろうと思います



********************


先日
人前で話すという
口から心臓が出そうな場面がありました
(ノミの心臓の私には高い高いハードル)


あぁ、コレ!
終わった後に
「またうまくいかなかった」と
落ち込んでイライラするヤツだ…


お決まりのループに
危うくハマりそうになりましたが


ド緊張しながらも

こういう状態のとき
頭の中にグルグル巡っていることは何か
身体はどんな風になっているか

何とかそこに意識を集中することができました



とにかく「早く終われ」とカウントダウンしている
呼吸が小動物並みに浅くなっている



(オイ!集中しろ!)

↑思わずツッコミたくなる私



おかげさまで、口から心臓は出てきませんでした




年度末にも
もう一つそんな機会があるので

次回は腹式呼吸を心がけたいと思います
(呼吸に集中して緊張を忘れたい!)



********************


【イベントのご案内】

↑内容盛り沢山のイベント!是非お待ちしています






怒りの感情と上手に付き合うアンガーマネジメントコンサルタント
山本ちかこ


最新のアンガーマネジメント講座日程はこちら


■一般社団法人日本アンガーマネジメント協会HPはコチラ
■子育てママのアンガーマネジメントHPはコチラ


最後までお付き合いいただきありがとうございました

よろしければクリックをお願いいたします


人気ブログランキング